SUBMENU

毎月おトクに|ケーブルプラスでんきスタート!  ケーブルテレビサービスをご利用の方に、「ケーブルプラスでんき」のご提供を開始しました。

  「ケーブルプラスでんき」に申し込む | お手元に電気の検針票をご用意ください

ケーブルテレビのおまとめ提案!でんきもセットにできる!

でんきセット割

※燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税及び地方消費税相当額を除いた、基本料金及び電力量料金の合計金額

【ご契約の条件】
●以下の対象サービスのいずれかにご契約があること
「テレビサービス(デジタル放送施設利用コース及びオプションサービスを除く)」「インターネットサービス(オプションサービスを除く)」「ケーブルプラス電話」
●対象サービスの契約者が、ケーブルプラスでんき申込者と同一であるか、申込者と同一の住所に住居するそのご家族であること。
●電気料金請求発生月に、対象サービスの料金の請求発生があること。
●対象サービスとセットで利用し、利用料金を月ごとにお支払いされていること。
●現在の電気のご契約が、東京電力従量電灯B及びCに相当すること。

【最低利用期間】
最低利用期間は電気料金の適用開始日から起算して1年間です。

【でんきセット割について】
でんきセット割は、電気料金請求発生月に電気料金と対象サービスの合計金額に対して、毎月自動的に適用されます。1ヶ月あたりの基本料金および電力量料金の合計金額(*)が5,500円(税込)未満で、60円(税込)定額、5,500円(税込)以上8,800円(税込)未満で基本料金および電力量料金び合計金額(*)の3%、8,800(税込)円以上で基本料金および電力量料金び合計金額(*)5%、の金額が割引されます。なお、該当算出に1円未満の端数が生じた場合は、その端数を切り捨てます。
*燃料費調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税及び地方消費税相当額を除く。
※契約コースの変更や休止・解約などの理由により、適用条件を満たさなくなった場合は割引は適用されません。

※加入者宅の電気メーターがアナログ式の場合は、スマートメーターへ切り替える必要があります。
※電気料金は、原則ご利用月の2ヶ月後に請求いたします。ただし、一般送配電事業者の検針スケジュールやその他の都合により、3ヶ月後のご請求となる場合があります。
※電気の供給に必要な燃料費の価格変動に合わせ単価を毎月設定し、電力量に単価を乗じた「燃料費調整額」を請求いたします。
※再生可能エネルギー発電促進賦課金は、再生可能エネルギーの普及を目的に、法律に基づき、電気をご利用になる全てのお客さまから電力使用量に応じ別途毎年決定されている単価を乗じた額を請求いたします。なお、再生可能エネルギー発電促進賦課金は、消費税相当額を含んだ料金として計算します。
※お住まいの電気のご契約種別、供給設備の状況によりお申し込みができない場合がありますのでご了承ください。
※表記の金額は全て税込金額です。
※料金やサービスの提供内容は予告なく変更される場合があります。

どのくらいおトクになるの?

40A 4人家族
電気料金 14,300円(税込)/月※1の場合

でんきセット割なら年間8,580円(税込)おトク!

例えば

40A 4人家族・電気代 14,300円(税込)/月※1・auスマホ4台・テレビ・ネット・電話・BD-HitPot・でんきを新規にホームページからお申込みの場合


割引総額 年間最大117,576円(税込)実質おトク!


【内訳】
・得々パックプレミアム 年間47,916円(税込)割引
・auスマートバリュー(データMAX5Gにご加入の場合) 年間最大58,080円(税込)割引※2
・でんきセット割 年間8,580円(税込)割引※1
・Web割 3,000円(商品券・初回申込のみ)

※1 燃料調整額、再生可能エネルギー発電促進賦課金、消費税及び地方消費税相当額を除いた、基本料金及び電力量料金の合計金額
※2 auスマートバリューはデータMAX5Gにご加入の場合、翌月から永年1,100円(税込)/月割引。auへのお申し込みが必要です。ご利用には条件があります。詳しくはこちらをご覧ください。

スマホやパソコンから電気の使用量をかんたんチェック!

ケーブルプラスでんき Webサービスで省エネ方法もご紹介

・電気の使用量が見れる
・電気料金を予測して管理
・最適な節電方法をアドバイス

そもそも、電力自由化って?

これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。
2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化されることにより、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになったのです。
「電力の小売全面自由化」により、様々な事業者が電気の小売市場に参入してくることで、新規参入の会社を含めた電力会社の選択が可能になり、 様々な料金メニュー・サービスが登場しています。
東京ベイネットワークもKDDI株式会社の電力サービス「ケーブルプラスでんき」の提供を開始しています。

ケーブルプラスでんきの仕組み

停電とかあったら怖いけど平気?

ケーブルプラスでんきに切り替えても、電気の品質は変わりません。
電気は今まで通り地域の既存電力会社の送配電設備を使って送られますので、停電が起こりやすくなったり明るさが変わるなどのご心配はありません。

契約手数料はかからない?

ケーブルプラスでんきのお申込みにあたり、契約手数料はかかりません。

スマートメーターへの切り替えに工事費はかからない?

スマートメーターが設置されていないお客様はアナログメーターからスマートメーターへの交換が必要です。工事費用はかかりません。取替工事は、一般送配電事業者(東京電力)にて行います。

スマートメーターとは、電気を毎月自動的に検針したり、電気使用状況の確認を可能にする電力量計です。

アナログメーター

アナログメーター

スマートメーター

スマートメーター

「※画像はイメージです。実際と異なる場合があります。

簡単手続き

東京ベイネットワークへお申込書をご提出いただくだけ。
ご利用中の電力会社の解約手続きはKDDIが代行します。お客様にてお手続きはございません。
お手元に電気の検針票をご用意ください。

  「ケーブルプラスでんき」に申し込む | お手元に電気の検針票をご用意ください