SUBMENU

雷に関するサポート

雷に関して

ケーブルテレビのシステムは、お客様宅の外壁に、落雷時などの保護回路を内蔵した「保安器」を設置し、ケーブルテレビ線から落雷の影響を受けない仕組みを採用しています。

 

しかしながら、保安器は「100%」を保証できるものではなく、また自然災害ゆえに、保安器の設計を超える「雷」の発生があることも十分に考えられます。

 

雷害は、一般的に直撃雷よりも誘導雷(落雷によって、間接的に電灯線や通信回線に異常電圧(サージ)が誘起されること)の影響によるものが多く見られます。電灯線(東京電力)と通信回線(NTT、弊社など)では共通アースにはなっておりませんので、各々の事業者の回線でアース対策が取られていても、電灯線や通信回線のそれぞれで発生するアース間の電位差がサージとなって、宅内の機器に影響を及ぼす場合がございます。

 

お客様の自衛手段として、以下の点を心掛けていただきますと、ある程度、障害を未然に防ぐことが可能です。

 

雷が近くなってきたと感じたら、

(1)パソコンの電源を落とす。

(2)ケーブルモデムの電源コード(ACアダプタ)を抜き、電源を落とす。

(3)HUB、ルータ、プリンターなどの周辺機器も電源を落とす。

(4)可能であれば、LANケーブルも外しておく。

※ケーブルモデムにつきましては、雷害の影響で故障したと考えられる場合は、無償交換させていただきますが、交換には若干お時間のかかる場合がありますことを、あらかじめご了承下さい。